RED MONITOR

お問い合わせ・資料請求

ヘルプ / KEYVALUEプラグイン / PostgreSQL接続監視

PostgreSQL接続監視プラグインは、PostgreSQLサービスの死活監視を行うスクリプトです。

設定手順

設定手順は、次のとおりです。

1. php-pgsqlのインストール

PostgreSQLサーバに接続可能なWebサーバに、php-pgsqlをインストールして下さい。RedHat系のOSの場合、"yum -y install php-pgsql"を実行することでインストールできます。

2. PostgreSQLへの接続情報を、プラグインに反映

プラグインファイルの3~5行目に、PostgreSQLへの接続情報($hostname、$user_name、$user_pass)を反映して下さい。 各行の、引用符(')で囲まれた範囲に記載します。

3. プラグインの設置

2.のプラグインファイルを、RED MONITORからインターネット経由でアクセス出来る任意のURLに設置して下さい。

4. RED MONITORの設定

KEYAVLUEプラグインの設定画面から

  • 「監視するURL」欄に上記のURLを指定します。
  • 「status監視」欄に"PostgreSQL"を指定します。

プラグインダウンロード

プラグイン内容は、次のとおりです。
PostgreSQL接続監視プラグインの圧縮ファイル(.zip形式)
下記のソースコードをダブルクリックすると、全てが選択され、右クリックでコピーできる状態になります。
 <?php
$hostname      = '';
$user_name     = '';
$user_pass     = '';
$database_name = '';

header("Content-type: text/plain");
echo date('Y/m/d H:i:s')."\n";

$conn_str = "host=$hostname user=$user_name password=$user_pass";
if($database_name !== ''){
    $conn_str .= "dbname=$database_name";
}

$dbconn = pg_connect($conn_str);
if ($dbconn !== FALSE){
    echo "PostgreSQL,ok";
}else{
    die("PostgreSQL,critical");
}            
TOPへもどる
製品・サービスに関するご相談・お見積り・お問い合わせはこちらから。
お問い合わせ・資料請求
03-5510-3315

月曜日〜金曜日 9:00〜18:00
(土日・祝日・弊社定休日を除く)